長距離は荷締めが肝心

私どもでは徹底した荷締めを日々研究し、楽しみながらお仕事させて頂いているのですが、今回はトラクターの荷締めはどこにかければよいのか?

などあるかと思いますので、今回はホイールにラッシングを掛けさせていただきました。

ホイールにスリングベルトを通して、ラッシングで交差させて一発で締めるも良し、片方づつ4方に引っ張るも良し、 

個人的にはホイールにスリングベルトを通して、一本のラッシングで左右から引っ張るスタイルが素早く綺麗に縛れるんで気に入ってます^^

また農機具や機械物などに、ルート陸送では金属類などを直接当たるような荷締めは厳禁しており、必ずスリングベルトなどで大切に荷締めするように徹底しております^^

積み込み、積み下ろしだけでなく、積算した後の荷締めの方も任せて下さい^^

特殊車両専門だからこその気配りが多少なりともできるかと思います。

是非お気軽にご相談下さい^^


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

特殊車両専門 陸送 回送サービス トラクター,コンバイン,田植え機、農機具,建設機械,ユンボ,フォークリフト,不動車,クレーン作業、ならhttp://muryourikusou.com/まで

  • Google Square
  • Twitter Square
  • facebook-square